シミックグループの「メッドコンシェルジュサービス」を紹介します。

メッドコンシェルジュサービス
※クリックすると拡大して表示できます


Q. メッドコンシェルジュサービスとは、どのようなサービスですか?

A. SMO(治験施設支援機関)事業で培ってきた長年の経験と、全国2,600を超える医療機関との繋がり、さらに全国28カ所に展開する拠点及びそこに配置されている約600名(医療系資格保持者多数)の専門スタッフを応用し、様々なニーズや困りごとを持つお客様に対して、コンシェルジュのように一つ一つ相談に応じながら支援させていただくサービスです。

Q. なぜ、医療機関を通じた調査や営業ができるのでしょうか。

A. SMO事業では、日頃から治験(医薬品開発の臨床試験)を実施する医療機関を訪問し、各種調査や環境整備、治験に関わる医師や看護師等の支援から治験に参加する患者さんの対応まで幅広い業務を行っており、経営層や事務の方々との関わりもございます。
MCSでは、この繋がりをもとに、医師や医療機関スタッフに対するアンケート調査やインタビューの依頼、製品・サービスのご紹介等、様々なご要望にお応えすることが可能です。

Q. サービスの実績を教えてください。

A. 従来からお付き合いのある製薬/医療機器企業のみならず、営業人員や医療機関とのコネクションが限られるベンチャー企業、食品・飲料等ヘルスケア領域へ新規参入されている企業を対象にご利用いただいています。現在最も多い依頼は、特定の疾患の治療実態を知る調査や、医師・医療機関スタッフ(看護師、薬剤師、臨床検査技師、事務長等)や治療中の患者さんに意見を伺うアンケート、ヒアリング、意見交換会の支援です。
この他にも製品販売拡大を目的とした製品・サービスの紹介代行といった営業支援、倫理審査委員会の審議受託、専門研究会の事務局運営等実績は多岐にわたり、サービス範囲は日々拡大しています。