コンプライアンス

シミックグループでは、行動規範に基づいて、社内ルールの浸透と徹底、規範厳守の企業風土の醸成およびコンプライアンス意識の浸透に努めています。グループ全役職員が、この考え方を正しく理解し、各自の職務において常に実践できるように、以下の取組を実施しています。

コンプライアンスへの取組

研修

シミックグループでは、年1回グループ全役職員を対象とした「企業倫理・コンプライアンス研修」を実施しています。研修の成果は、役職員一人ひとりのマインドセットの基礎となり、グループ全体のコンプライアンス経営につながることが期待されています。

 

コンプライアンスハンドブック

コンプライアンスへの意識強化に向けた取組の一環として、「コンプライアンスハンドブック」を作成し、グループ全役職員に配付しています。

 

このハンドブックは、役職員が法令や社内ルールを守り、社会常識にのっとって行動するための具体的な基準を把握し、自らの行動や倫理観を自己診断できるような事例を数多く設けており、これによりコンプライアンスに関する理解の向上と一層の浸透・徹底が図れるように工夫しています。

相談・通報窓口を設置

コンプライアンスに関わる各種事案に対して、全ての従業員から幅広く報告・相談を受付けることを目的に、「シミックグループ従業員報告・相談窓口」を設置しています。窓口は社内と社外に設置し、従業員が、コンプライアンス担当役員に指名された複数の社内窓口担当者、または社外窓口の弁護士の中から、報告・相談相手を選択できる仕組みを取り、不正・不祥事の予防、早期発見に努めています。

 

イントラネット

シミックグループの全役職員がより良いコンプライアンスを推進していくために、コンプライアンスに関する資料・参考情報・Q&A等をイントラネットにて公開し、常に最新の情報を閲覧できるようにしています。

 

シミックグループ行動規範

シミックグループでは、企業活動を行う上で法令を遵守し、社会倫理に従って行動するという観点から、グループ全役職員が従うべき基本的な行動規範として「シミックグループ行動規範」を制定しています。

シミックグループ行動規範

SHARE