今後の成長戦略と株主還元

シミックの成長戦略 ー 私たちにしかできない最良のサービスの提供

1992年に日本で最初に医薬品開発支援(CRO)事業を開始したシミックグループは、今では研究開発から製造、販売まで製薬企業のバリューチェーンのすべてを支えるビジネスモデルである「Pharmaceutical Value Creator(PVC)」を展開しています。

シミックグループの経営理念は、PVCに基づく新たなビジネスモデルを創生し、顧客層を製薬企業からヘルスケア全般に拡大することにより、人々の健康維持や健康増進に広く貢献していくことです。常に自己変革を継続し、多様性を追求しながら様々なステークホルダーと協働することで、企業の強さと価値を高め、ヘルスケア分野に革新をもたらすことを志向しています。
 

医薬品開発で培ったノウハウと十分な経験・知識を持つ私たちシミックだからこそできること。

安全で有効な医薬品をより多く利用できる環境の形成、さらには疾患の予防から診断、治療に至るまで、人びとの健康維持や増進に広く貢献できるヘルスケア分野のソリューションプロバイダーとして、次の時代への飛躍を目指しています。

 

経営戦略・中期計画
 

株主還元方針

シミックは、株主の皆様への利益還元を経営上の重要政策の一つと位置付け、収益力向上や事業基盤強化のための内部留保を確保しつつ、業績に応じた配当を実施することを基本方針としています。この方針のもと、連結配当性向の目標を30%とし、同時に継続的かつ安定的な配当実施にも努めています。

配当金および配当性向

SHARE