財務ハイライト

業績推移

  2014/9 2015/9 2016/9 2017/9 2018/9
売上高(百万円) 52,836 55,904 62,039 65,282 69,869
営業利益(百万円) 2,766 1,411 3,363 3,897 4,321
営業利益率 5.2% 2.5% 5.4% 6.0% 6.2%
経常利益(百万円) 2,645 970 2,989 3,732 4,061
経常利益率 5.0% 1.7% 4.8% 5.7% 5.8%
親会社株主に帰属する当期純利益(百万円) 1,174 △542 878 1,550 1,487
総資産(百万円) 49,237 55,861 59,104 65,605 78,034
純資産(百万円) 20,309 20,667 21,397 23,608 33,536
自己資本比率 41.1% 36.4% 35.5% 34.9% 28.9%

 

売上高

(百万円)
売上高

営業利益及び営業利益率

(百万円)
営業利益及び営業利益率

経常利益及び経常利益率

(百万円)
経常利益及び経常利益率

親会社株主に帰属する当期純利益

(百万円)
当期純利益

総資産

(百万円)
総資産

純資産及び自己資本比率

(百万円)
純資産及び自己資本比率


 

2019年9月期 業績見通し

医薬品業界においては、“患者により適した医療”の提供に向けて、技術革新や産官学連携による革新的医薬品の創出が期待される一方で、保険医療財政への影響から、費用対効果評価や保険外併用療法活用の検討など薬価制度の見直しが進んでおり、医薬品産業は技術力や生産性の向上を通じて国際競争力のある産業構造へ転換することが求められています。第四次産業革命と称される人工知能(AI)やIoTなどの新たなテクノロジーが社会全体に大きな変革をもたらし、ヘルスケア分野においても医療のあり方や健康に対する個人の価値観が変化する中で、産官学民が連携して少子高齢化社会に対するイノベーションに取り組んでいます。

当社グループは、この急速に変化する外部環境に迅速かつ柔軟に対応するために、持続的な成長を実現するための取組み「Project Phoenix」を推進しております。2018年4月からは「Project Phoenix 3.0」を開始し、製薬企業を全面的に支援する独自の事業モデルPVCの展開をヘルスケア分野に拡大し、新たなビジネスの創出を推進しております。また、当社グループは中長期的な企業価値向上の実現に向けて、PVCモデルの加速、グローバル化の促進、ヘルスケアビジネスの創出を重点取組事項とする中期計画(FY2019-2021)を作成し、初年度にあたる次期につきましては、売上高、利益ともに当連結会計年度に比べ増加する見通しです。

連結業績予想 2018/9実績
(百万円)
2019/9見通し
(百万円)
増減率
売上高 69,869 74,400 6.5%
営業利益 4,321 4,630 7.1%
経常利益 4,061 4,170 2.7%
親会社株主に帰属する当期純利益 1,487 2,000 34.4%
 

売上高

(百万円)

営業利益及び営業利益率

(百万円)

 

セグメント毎の見通し

医薬品開発支援(CRO)事業

・国内リーディングカンパニーとして、引き続き海外企業や異業種の日本市場参入支援、高度化する開発ニーズへの対応を促進するとともに、製造販売後調査(PMS)や臨床研究支援業務での医療データベース活用や海外活動の強化に取り組みます。
・臨床業務を中心に引き続き堅調に受注が推移していることから、増収増益を見込んでいます。

医薬品製剤開発・製造支援(CDMO)事業

・製剤化検討から治験薬製造、商業生産まで、グローバルに展開する医薬品製造のプラットフォームとして、株式会社日本政策投資銀行との連携による幅広い戦略を推進し、技術力の更なる向上とローコスト生産体制の進展、戦略的な設備投資を通じて競争力強化を図ります。
・米国における既存案件の生産量が増加すること等により、増収を見込んでおりますが、足利工場新注射剤棟の商用生産に向けた費用等の発生により、営業損失を見込んでいます。

医薬品営業支援(CSO)事業

・MR派遣や関連する新たなサービスに加え、メディカルアフェアーズ関連業務の営業活動を強化し、複数のコミュニケーションチャネルと多様なサービスを組み合わせた総合的なソリューションの提供を促進します。
・売上高は当期並みを想定しておりますが、既存案件の着実な進行等により、増益を見込んでいます。
 

ヘルスケア事業

・SMO業務におけるがん領域の対応強化及び更なる品質向上、ポータルサイトを活用した患者向けサービスの強化を進めます。
・SMO業務の新規受注が堅調に推移していること等から、増収増益を見込んでいます。

Innovative Pharma Model事業

・オーファンドラッグ事業の販売増加等により増収を見込んでいますが、オーファンドラッグ及び診断薬にかかる研究開発費が発生することから、営業損失を見込んでいます。
・営業利益の黒字化に向けて、事業規模拡大と当社グループが保有する製造販売業等の許認可を活用した新しいソリューションによる多様なサービスの提供を目指していきます。

事業別業績予想 2018/9実績
(百万円)
2019/9見通し
(百万円)
増減率
CRO事業 売上高 37,296 39,500 5.9%
営業利益 6,650 7,250 9.0%
CDMO事業 売上高 15,386 16,500 7.2%
営業利益 4 △55
CSO事業 売上高 7,318 7,320 0.0%
営業利益 335 350 4.3%
ヘルスケア事業 売上高 7,212 8,200 13.7%
営業利益 822 950 15.6%
IPM事業 売上高 3,149 3,400 8.0%
営業利益 △360 △350
調整額 売上高 △492 △520
営業利益 △3,130 △3,515
合計 売上高 69,869 74,400 6.5%
営業利益 4,321 4,630 7.1%

 

2019年9月期 配当予想

  中間配当(円) 期末配当(円) 一株当たりの
年間配当金(円)
配当性向(%)
2019年9月期(予想) 5.00 27.00 32.00 29.7
2018年9月期(実績) 5.00 22.50 27.50 34.5


過去の配当状況については 株主還元・配当をご参照ください。

SHARE