「第31回 インターフェックスジャパン」出展およびセッション講演のお知らせ

2018年6月27日(水)~29日(金)に、東京ビッグサイトにて開催される、「第31回インターフェックスジャパン-[医薬品] [化粧品] [洗剤] 研究・製造技術展-」に出展いたします。

インターフェックスジャパンは医薬・化粧品・洗剤を研究・製造するためのあらゆる機器・システム・技術が一堂に出展する、医薬・化粧品業界における世界有数の専門技術展です。

今回の展示では、「医薬品製造のトータルソリューション」をテーマに、製剤化検討から治験薬製造、商用生産まで、ほぼ全ての剤形に対応したシミックの医薬品製造サービスについてご紹介させていただきます。
また、専門セッション講演にて弊社の取り組みや設備等のご紹介を予定しております。

ご来場の際にはぜひともお立ち寄りください。

 

出展のご案内

学会名 第31回 インターフェックスジャパン
INTERPHEX JAPAN 2018
http://www.interphex.jp/
会期 2018年6月27日(水)~29日(金) 10:00~18:00 (最終日のみ17:00終了)
会場 東京ビッグサイト
ブース番号 東ホール 受託製造ゾーン
E38-48
共同出展 シミックCMO株式会社 / シミックファーマサイエンス株式会社
 

専門セッション講演概要

セッション名 【IPJ-10】CDMO(開発製造受託)としての新たな挑戦
講演日時 2018年6月28日(木) 15:30~17:30
講演内容 CDMOとしての事業開発戦略

CDMOの新たな挑戦として、今後はいかにCMCに関する受託能力(処方設計・分析・工業化スキル、品質、キャパシティー、納期、新規製剤技術等)を向上させ、製薬メーカーやベンチャーの要望にどのように応えていくかの弊社の戦略を紹介します。
講演者 シミックCMO株式会社 執行役員
製剤開発センター長 兼 足利工場技術部長  山田 昌樹
お申込み お申し込み・詳細については以下リンクをご参照くださいhttp://www.interphex.jp/Conference/program2018#IPJ-10
 
セッション名 【IPJ-13】高度化する先端医薬品施設のエンジニアリング技術と最新事例
講演日時 2018年6月29日(金) 12:30~14:30
講演内容 シミックCMO(株) 足利工場 高薬理対応注射剤棟の建設について

抗がん剤を中心とした高薬理活性注射剤の開発が増加している中、今後、高薬理対応注射剤を委託できるCMOの需要が高くなると考え、足利工場に高薬理対応注射剤設備を建設したので、その概要および特徴について紹介します。
講演者 シミックホールディングス株式会社 CDMO事業開発部長  尾崎 和彦
お申込み お申し込み・詳細については以下リンクをご参照くださいhttp://www.interphex.jp/Conference/program2018#IPJ-13

News-

SHARE