2018年11月6日
シミックホールディングス株式会社

シミックグループで支援している「南ブラジル日系移住者のための巡回診療活動」が社会貢献者表彰を受賞しました

シミックグループで支援しているブラジル日系人医師 森口エミリオ秀幸氏による「南ブラジル日系移住者のための巡回診療活動」が公益財団法人社会貢献支援財団の「社会貢献者表彰」を受賞しました。

ブラジルは世界最大の日系人居住地であり、1908年以降の約100年間で13万人の日本人がブラジルに移住し、現在では160万人の日系人が住むといわれています。医療環境の整備、一般市民の健康への意識・知識向上などにより、平均寿命が延びそれとともに高齢者の増加が生じてきており、高齢者が病気になった際のケアが大きな問題となりつつあります。

日系移住者が多く住む地域でも日本語が通じる医師の数も病院も十分ではありません。ポルトガル語を話すことができない日系移住者は病院で診察を受けることも難しい状況です。

このような南ブラジル日系移住者のための巡回診療を、ブラジル在住日系人医師 森口エミリオ秀幸氏が毎年およそ3,000km以上の距離を健診バスで巡回し、日本語による診察を行っています。1930年代に森口医師の祖父が始めた活動で、親子三代、80年以上に渡って受け継がれています。

この森口医師によるブラジル巡回診療活動の功績が認められ、公益財団法人社会貢献支援財団から「社会貢献者表彰」を受けました。なお、表彰式典は、11月26日(月)に帝国ホテル東京にて執り行われる予定です。

シミックグループでは、現地の日系人社会において欠かせない存在となっているこの活動の意義に賛同し、2014年より支援活動を行っています。この年1回の診察を心待ちにしている日系移住者の方々の期待に応え、毎年継続していけるように貢献していきたいと考えています。

   
 

社会貢献者表彰とは?
社会貢献者表彰は、人びとや社会のためにつくされた方を表彰し、公益財団法人 社会貢献支援財団より日本財団賞を贈るものです。社会貢献者は、広く社会の各分野において、社会と人々の安寧と幸福のために尽くされ、顕著な功績を挙げながら報われる機会の少なかった方々を対象としています。

公益財団法人 社会貢献支援財団
http://www.fesco.or.jp/

SHARE