「第46回日本集中治療医学会学術集会」出展・ランチョンセミナー開催のお知らせ

2019年3月1日(金)~3日(日)に国立京都国際会館およびグランドプリンスホテル京都にて開催される「第46回日本集中治療医学会学術集会」にブース出展いたします。

シミックが世界で初めて開発し、腎疾患の新たなバイオマーカーとして注目されている尿中のL型脂肪酸結合蛋白(L-FABP)の測定を行う診断薬「レナプロ®L-FABPテスト」をご紹介いたします。
製品の詳細は、L-FABP情報サイトをご覧ください。

また、2019年3月1日(金)にはランチョンセミナー「集中治療領域における 急性腎障害マーカーL-FABPの有用性と課題」を開催いたします。
皆さまのご参加を心よりお待ちしております。

出展のご案内

学会名 第46回日本集中治療医学会学術集会
会期 2019年3月1日(金)~3日(日)
会場 国立京都国際会館
グランドプリンスホテル京都
ブース番号 B-48 (国立京都国際会館B1F)


ランチョンセミナー概要

日時 2019年3月1日(金) 12:40~13:40
会場 第8会場 国立京都国際会館 2F Room B-1
演題 ランチョンセミナー8
「集中治療領域における急性腎障害マーカーL-FABPの有用性と課題」
座長 山梨大学医学部 救急集中治療医学講座 教授
松田 兼一 先生
演者 新松戸中央総合病院 腎臓内科部長 血液浄化センター長
佐藤 英一 先生
共催 シミックホールディングス株式会社 / 積水メディカル株式会社

SHARE