「第19回 CRCと臨床試験のあり方を考える会議 2019 in YOKOHAMA」出展・ポスター発表のお知らせ

サイトサポート・インスティテュート株式会社(SSI)は、2019年9月14日(土)~15日(日)の2日間、「第19回 CRCと臨床試験のあり方を考える会議 2019 in YOKOHAMA」にて、企業ブース出展および10題のポスター発表を行います。

SSIは、今年2019年4月2日をもって設立20周年を迎えました。企業ブースでは、これからの20年を見据えたSSIの新たな取り組みに関する展示を予定しています。会場にお越しの際は、ぜひSSIのブース(ブース番号:18)へお立ち寄りください。

また、SSI社員による日頃のCRC業務から見出された課題の検討や医療機関と連携した研究成果に関するポスター発表もございます。こちらも、ぜひご覧ください。

皆さまのご来場を心よりお待ちしております。

 

出展のご案内

学会名 第19回 CRCと臨床試験のあり方を考える会議 2019 in YOKOHAMA
会期 2019年9月14日(土)~15日(日)
会場 パシフィコ横浜 会議センター
〒220-0012 神奈川県横浜市西区みなとみらい1-1-1
アクセス
ブース番号 18
 

ポスター発表

弊社社員によるポスター発表を予定しています。

1)これがあれば電子システムは大丈夫!~早期試験開始のための業務効率化を目指して~

発表者 田中裕久、大津真生、権田絵里、青木優実、石倉英之、安彦真里、佐々木素子、鹿内ゆかり、柴崎昌太
 

2)文書同意取得関連の逸脱がなくなったのはなぜか?~手順の見える化と、その運用~

発表者 清野円、田代真由美、白岩香里、松村篤、笹島良太
 

3)これだけは確認しよう!!~血液疾患の臨床試験の実施にあたって-入門編~

発表者 真志田彩、中平真理、澤田裕佳子、松村修
 

4)同意説明補助と同意説明文書の実態調査~よりよい被験者の同意決定を目指して~

発表者 佐伯朋栄、北原るい、中川めぐみ、菅聡美、宇土奈緒、宮﨑明日香、猪下友世、河野扶美
 

5)豪雨災害が被験者に与えた影響とCRCの関わりについて

発表者 稲田心音、薮内純子、五十嵐淳
 

6)認知症試験における被験者対応の留意点:実際のエピソードから

発表者 佐川宮子、桑原美幸、森山貴大、矢野静香、平田晴郁、長谷川益美、五十嵐淳
 

7)“動画vsテキスト”重大な逸脱にかかわる研修に有用なのは?

発表者 今村美慧、神内光裕、竹内由紀、山本祐太朗、戸谷美咲、川崎美香、春山智美、佐久間瑠美、柴崎昌太
 

8)遠方に居住する小児血友病患者における近隣医療機関との連携

発表者 前田和孝、梁川明、古谷有香子、津金さやか、望月玲子、石神竜太郎
 

9)CRCが考えるVirtual Clinical Trialのメリット~同意説明(IC)プロセスを通じて~

発表者 近藤未希、黒田加奈子、鈴木清貴、加藤真弓、木曽なつこ
 

10)公平な業務配分と新たな評価尺度の検討~スコアリングを通して自己の見える化を図る~

発表者 松本俊平、松永美晴、高田法子、河野智美、松井由香、阿部聡子、徳留充美、
平田康弘、中畑美由紀、河野扶美

SHARE