バイオアナリシス(生体試料中薬物濃度・バイオマーカー分析)

医薬品開発プロセスにおける「基礎研究」から「前臨床試験」、「臨床試験」、「市販後調査」と全ステージにおいて、GLP体制の整った試験施設で最先端の高感度分析装置を用いて、生体試料中薬物濃度分析や各種バイオマーカーの測定などを実施しています。

 

特徴

日米連携
米国のグループ会社であるCMIC,Inc.との日米連携により、グローバル開発に伴うワンストップで効率的な分析法トランスファーや薬物濃度分析・バイオマーカー分析が可能です。米国での施設選定や煩雑な契約等が不要となるとともにコミュニケーションのサポートも行います。また、様々なバイオマーカーの日米測定にも対応します。
日本で開発したTK分析法を臨床用PK用にアレンジし、さらに日本から担当スタッフを米国へ派遣し、短期間でのバリデーションを実現しています。


 

サービス内容

試験一覧

各種高感度機器を揃えており、低分子医薬品,バイオ医薬 (抗体医薬,ペプチド医薬,核酸医薬)の他,バイオマーカーにつきましても,分析対象物質に最も適した機種で分析いたします。

サービスに関するお問い合わせ

サービス内容についてのご質問やご相談などお気軽にお問い合わせください。

News

     
     

SHARE