バイオ医薬品分析

バイオ医薬品試験とGMP/GLP試験の両方に精通したスタッフが対応いたします。

バイオ医薬品(抗体医薬品、核酸医薬品、タンパク、ペプチド医薬品等)の品質試験や生体試料中濃度測定に積極的に取り組んでおります。GMP品質試験では国内だけでなく海外ラボでのオンサイトトレーニングも多数経験しており、バイオ医薬品の品質分析において、幅広いノウハウを有しております。また、海外のお客様から日本国内への技術移管実績も多数あり、いずれも迅速かつフレキシブルに対応しています。

バイオアナリシスでは、GLP下にて様々な高感度機器と分析手法を駆使し、生体試料中のバイオ医薬品(抗体医薬品、核酸医薬品、ペプチド医薬品等)の他、種々のバイオマーカーの分析を行っています。

サービス内容

品質事業
バイオ医薬品の品質試験、出荷試験、安定性試験において多くの実績を積み重ねております。商用生産用原薬や市販医薬品の出荷に伴う品質検査プロセスはFDAやPMDAによる品目ごとの調査にすべて適合しています。

 

バイオアナリシス
LC-MS/MS、GC、ECL、ELISAなどの高感度機器を利用し、様々な測定手法を駆使し、生体試料中の医薬品濃度の定量分析を行っています。 Gyrolab,FACSなどの先新機器や隔離エリアでのCell Based Assayなどの測定に対応します。

 

サービスに関するお問い合わせ

サービス内容についてのご質問やご相談などお気軽にお問い合わせください。

SHARE