高薬理活性原薬・製剤の品質試験(ケミカルハザード物質対応 品質分析試験)

受託品目

  • 抗ガン剤
  • ホルモン剤
  • 毒薬、毒物
  • 特殊毒性物質(遺伝毒性,生殖 毒性)
  • 麻薬・向精神薬
    など

主な測定項目

  • HPLC測定(純度試験,定量)
  • 水分(カールフィッシャー法)
  • ICP-AES(金属不純物)
  • 重金属、ヒ素
  • 強熱残分
  • その他、製剤分析、原薬物性分析など

ケミカルハザード対応の特徴

ケミカルハザード施設をお持ちでない、または外部委託をお考えの委託者様のご要望にお応えします。どのような物質でもまずはご相談ください。適切な評価のもとに対応します。

  • 研究開発品だけではなく、商用生産品の外部試験検査機関としてGMP品質試験(原薬の受入試験、製剤の出荷試験)を実施しています。
  • ケミカルハザードルームで取り扱うことにより、ケミカルハザード物質の外部環境への拡散を防止しています(大気拡散:HEPAフィルタ、下水:配管せず、タンクに溜めて産廃処理)。
  • 安全設備とSOPによる作業手順の標準化により、作業者の安全を確保しています。

サービスに関するお問い合わせ

サービス内容についてのご質問やご相談などお気軽にお問い合わせください。

SHARE