薬効薬理試験

呼吸器系評価試験では期待される薬効に対応する最適なモデルをご提案いたします。

呼吸・循環器系を得意とし、慢性閉塞性肺疾患 (COPD) に対する評価系は2011年2月に国内特許を取得しました。

 

1. 慢性閉塞性肺疾患 (COPD) に対する評価

モデル動物の呼吸機能の変化、気管支肺胞洗浄液中炎症性細胞数の変化あるいは組織学的変化および平均肺胞径の変化に対する薬物の作用を検討します。

タバコ液投与モデル
使用動物:モルモット
タバコ煙曝露モデル
使用動物:マウス、ラット、モルモット

2. アレルギー性鼻炎モデルによる評価

モルモットの抗原誘発即時型及び遅発型反応
Ovalbumin (OVA) で感作したモルモットを用いて、抗原 (OVA) の鼻腔内投与により誘発した即時型および遅発型の鼻炎(鼻閉)反応、あるいは鼻腔への炎症性細胞浸潤に対する薬物の作用を検討します。
ラットの鼻粘膜血管透過性
Ovalbumin (OVA) で感作したラットを用いて、抗原 (OVA) 誘発による鼻粘膜の血管透過性の亢進に対する薬物の作用を、鼻腔への色素漏出量を指標に検討します。

3. 喘息モデルによる評価

モルモットの抗原誘発即時型及び遅発型反応
Ovalbumin (OVA) で感作したモルモットを用いて、抗原 (OVA) の吸入により誘発した即時型および遅発型の喘息(気道閉塞)反応、あるいは気道管腔への炎症性細胞浸潤に対する薬物の作用を検討します。
マウスの気道過敏性及び気道リモデリング
Ovalbumin (OVA) で感作したマウスを用いて、抗原 (OVA) の吸入により誘発した気道過敏性反応、気管支肺胞洗浄液中細胞数、サイトカインおよび組織の変化に対する薬物の作用を検討します。さらに、長期抗原誘発した動物の気道リモデリングについても検討します。

試験一覧

呼吸器系試験

鼻炎、喘息、慢性閉塞性肺疾患 (COPD) 、肺線維症モデルなどを経験豊富な研究者が実施。特にCOPDに対する評価において、タバコ液投与モデル(モルモット)、タバコ煙曝露モデル(マウス、ラット、モルモット)など、病態程度の異なるモデルが使用可能。

循環器系試験

テレメトリー法、テールカフ法による降圧評価(ラット、イヌ、サル)、X線検査、超音波診断(エコー)、ホルター心電図検査などを利用した特殊評価。

眼科評価試験

角膜上皮剥離等の各種モデル動物を用いた試験を実施。

スキンケア評価試験

育毛、発毛、美白、保湿の各種モデル動物を用いた試験を実施。

その他

中枢神経系試験、消化器系試験、腎障害評価試験など

サービスに関するお問い合わせ

サービス内容についてのご質問やご相談などお気軽にお問い合わせください。

SHARE