夏の夜、清流沿いで美しく光るホタルを眺めたことがあるでしょうか?

ホタルを見て“ 夏の風情”を感じるのは日本人特有のもののようです。ホタルのおしり近くには発光器があり、発光物質であるルシフェリン、発光を助けるルシフェラーゼという酵素、そして呼吸によって供給される酸素によって化学反応が起きて光ります。ホタルの光の特徴の一つに熱をほとんど発しないことが挙げられます。もちろん火も出しません。それが「冷光( れいこう)」と呼ばれる由縁です。

こうした特徴を応用し、宇宙でも安全に使える照明器具として開発されたのがケミカルライトです。身近なところでは、縁日や音楽イベントなどでカラフルな蛍光色の棒状ライトを目にしたことがあるのではないでしょうか?ケミカルライトの内部には仕切りで分けられた状態で2種類の液体が入っています。ライトを折ると仕切りだけが割れ、液体が混じり合うことによって発光するという仕組みです。

ホタルの光と同様に発熱することがなく電源も不要で、さらに水にも強いため、アウトドアや非常用としても活用されています。縁日ではしゃぐ子どもたちの手元で光るケミカルライト。ホタルの光にはかなわないかもしれませんが、夏の風情を感じさせるものとして浸透しつつあるようです。

C-PRESS vol.20

異質なものを取り入れ、常に変化し続けることこそ強さの源泉

特別対談|山本 康正 × 中村 和男

シミックグループのワクチン接種支援サービス

Our Creative Services at CMIC

これってハラスメント?ボタンのかけ違いを防ぐためには

Diversity & Inclusion

状況は変わっても、大切な人は変わらない。 大事なのは、身近な人を喜ばせること。 Akira Sunset

Communication -W&3C

碧素(日本製ペニシリン)のお話

DR.MOCHIZUKI'S COLUMN

大事なのは個の力 -グローバル時代に活躍するために

ことばのおもてなし & Hiraku's Viewpoint

夏のホタルとケミカルライト

change the view point

NEWS & TOPICS

C-PRESS vol.20でご紹介したニュースを掲載しています

harmoワクチンケアアプリ

新型コロナワクチンの接種を受けた方どなたでもご利用いただけるアプリ

C-PRESS vol.20

最新号の目次とトピックスのご紹介

1分でわかるC-PRESS

動画でご紹介します

C-PRESS バックナンバー

eBook

よく見られている記事