2018年12月21日
シミックホールディングス株式会社

子会社(孫会社)の異動に関するお知らせ
~シミックCMOによるアステラス ファーマ テック西根工場の譲受について~

 当社は、本日開催の取締役会において、CDMO(製剤開発・製造支援)事業の連結子会社であるシミックCMO株式会社(以下、「シミックCMO」)が、アステラス製薬株式会社(以下、「アステラス製薬」)の生産子会社であるアステラス ファーマ テック株式会社(以下、「アステラス ファーマ テック」)と、株式譲渡契約を締結することを決議いたしましたので、下記の通りお知らせします。
 株式の取得方法は、アステラス ファーマ テックが完全子会社(以下「新会社」)を設立し、2019年6月1日付(予定)で、吸収分割により西根工場(岩手県八幡平市)の事業を新会社に承継させたうえで、アステラス ファーマ テックが保有する新会社の全株式をシミックCMOが取得する方法をとります。
 また、西根工場における現有製造品目は、シミックCMOが生産を受託し、引き続き西根工場で生産する予定です。

1.株式の取得の理由

 シミックグループは日本で最初にCRO(医薬品開発支援)事業を開始し、開発から製造、マーケティング・営業等、製薬企業のバリューチェーンを総合的に支援する事業をPVC(Pharmaceutical Value Creator)モデルとして展開しております。その一角を担うCDMO事業では、シミックCMOが国内3工場に韓国、アメリカを含めた計5ヶ所の製造拠点を通じて、医薬品の初期製剤処方検討から商用製造まで、ほぼ全ての剤形に対応した、医薬品製造に係る総合的なサービスを提供しております。2018年7月の株式会社日本政策投資銀行との合弁化を機に、既存の事業を基盤とする成長に、M&A・アライアンス等の非連続的な成長を含めた、より幅広い戦略への取り組みを加速しております。
 
 今回の譲受により、主力剤形である固形剤について、当社の国内既存拠点に西根工場が加わることにより、安定供給の確保とともに柔軟な生産対応を図ることが可能となります。また、西根工場の現有製造品目の継続的な受託製造は、CDMO事業の中期的な収益確保に資するばかりでなく、付加価値の高い製剤能力を有する西根工場は、当社の重要な生産拠点として機能いたします。シミックCMOの既存拠点に、西根工場の高い品質管理能力と技術力を融合することにより、製造技術や製剤開発力の一層の強化を図り、アウトソーシング化を進める国内外製薬企業等の多様なニーズに、柔軟かつ迅速なサービスの提供で応えてまいります。

2.株式取得する子会社の概要

(1)    名称 シミックCMO株式会社
(2)    所在地 東京都港区芝浦一丁目1-1
(3)    代表者の役職・氏名 代表取締役CEO 松川 誠
(4)    資本金 100百万円
(5)    事業内容 医薬品・医薬部外品製造受託
(6)    従業員数 約860名(2018年9月末時点)
(7)    製造拠点 国内(静岡工場、製剤開発センター、富山工場、足利工場)
海外(アメリカ、韓国)

3.異動する子会社の概要

 本異動にあたっての株式取得は、アステラス ファーマ テックが西根工場の事業を承継する新会社を設立後実施する予定であるため、現時点では当該子会社の営業活動実績はありません。明確になった段階で開示いたします。

4.アステラス ファーマ テック 西根工場の概要

(1) 所在地 岩手県八幡平市大更第2地割154-13
(2) 面積 敷地面積:345,563㎡、建築面積: 14,337㎡
(3) 操業開始 1986年
(4) 従業員数 約190名(2018年9月末時点)
(5) 生産剤形 錠剤・カプセル剤

5.株式取得の相手先の概要

(1)    名称 アステラス ファーマ テック株式会社 
(2)    所在地 東京都中央区日本橋本町2-5-1 
(3)    代表者の役職・氏名 代表取締役社長:中手 利臣 
(4)    資本金 100万円 
(5)    事業内容 国内および海外向け医療用医薬品・原薬の受託製造、
治験用医薬品・原薬の受託製造、開発用原薬の受託製造
(6)    従業員数 約1,300名(2018年9月末時点)
(7)    拠点 高萩技術センター、富山技術センター、焼津技術センター、高岡工場、西根工場

6.取得価額

 取得価額につきましては、相手方の要望により非開示としております。

7.日程

(1)    契約締結日 2018年12月21日
(2)    実行日 2019年6月1日(予定)

8.今後の見通し

 本件による2019年9月期の連結業績への影響について、開示すべき事項が生じた場合には速やかに公表いたします。

以上

SHARE