2018年4月27日
株式会社オーファンパシフィック
株式会社medパス

オーファンパシフィック、希少疾病に特化した会員専用サイトをオープン
認証システムに医療関係者共通ID「medパス」を採用

 

株式会社オーファンパシフィック(本社:東京都港区、代表取締役社長:フィリップ オヴァロ、以下 オーファンパシフィック)はこのほど、医療関係者を対象に、希少疾病に特化した会員専用サイトをオープンしました(https://www.orphanpacific.com/medical/)。
医療資格の認証には、NTTドコモグループの株式会社medパス(本社:東京都港区、代表取締役社⻑:佐藤 晃、以下 medパス)が提供する、共通IDサービス「medパス(メドパス)」を採用しました。

オーファンパシフィックの会員専用サイトについて

会員専用コンテンツ第1弾として、去年の日本小児科学会で好評だったランチョンセミナーのスライドレクチャーを公開しました。国立研究開発法人国立成育医療研究センターの窪田満総合診療部長に「これだけは押さえておきたい 小児代謝救急のツボ」を解説いただきました。全6部配信する予定です。
オーファンパシフィックでは、希少疾病の病態や治療について最新の情報を医療関係者に提供し、希少疾病に悩む患者さんに、迅速・適正・安全にオーファンドラッグをご使用いただけるよう努力しています。今後、コンテンツを拡大し、希少疾病の適切な診断や治療に寄与できるプラットフォームの構築を目指します。

(公開中)
第1部 小児代謝救急の診断
        先天代謝異常症を疑うきっかけ

(順次公開予定)
第2部 小児代謝救急の診断
        First line(初期評価)の検査

第3部 小児代謝救急の診断
        First line(初期評価)の検査 血糖、ケトン体

第4部 小児代謝救急の診断
        First line(初期評価)の検査 血液ガス

第5部 小児代謝救急の診断
        First line(初期評価)の検査 アンモニア、画像診断

第6部 小児代謝救急の治療ガイドライン

共通IDサービス「medパス(メドパス)」について

medパスは、NTTドコモグループの株式会社medパスが提供する「医療関係者の共通ID」です。medパスに登録いただくと、複数の医療サイトを1つのID/パスワードで利用することができ、医療サイトごとに必要な会員登録の手間なく、簡単にご利用いただけます。
これによりmedパスを導入する複数の医療従事者向けサイトに煩雑なログイン手続きを行う必要なくアクセスできるようになり、医療関係者と企業がより効率的かつ安全に情報をやりとりすることが可能となります。
2016年10月開始した同サービスを利用する医療サイトの医師数は約13万人となり、製薬企業などの企業・医療系団体14社が運営する様々な医療関係者向けサイトにシングルサインオンで簡単にログインできます。(2018年3月31日現在)

本件に関するお問い合わせ先

株式会社オーファンパシフィック 経営企画部                Tel: 03-6779-8151
株式会社medパス 代表                                            Tel: 03-6809-4545

※ 記載されている会社名および製品名等は、各社の登録商標または商標です。
※ 記載されている情報は、発表日現在のものです。最新の情報とは異なる場合がありますのでご了承ください。


<参考>

 

【株式会社オーファンパシフィックの概要】
日本において最大級のCROを傘下に持つシミックホールディングスと、医薬品流通の最大手である メディパルホールディングスが、希少疾病用医薬品を中心とした医療用医薬品の新たなビジネスを構築するための合弁会社として2012年に設立されました。
オーファンパシフィックは、国内外のネットワークを活かし、必須医薬品の安定供給、希少疾病用医薬品の導入および日本に拠点を持たない海外企業の日本市場進出支援を行っています。
詳細はhttps://www.orphanpacific.com/をご参照ください。

【株式会社 medパスの概要】
株式会社medパスは、医療関連企業・団体にメディカルデータベース(MDB)を提供する株式会社日本アルトマーク(NTTドコモグループ)と、「集合知により医療を再発明する」という企業ビジョンのもと、10万人以上の医師の経験・知恵を全国レベルで集約し共有するプラットフォームを提供するメドピア株式会社による合弁企業です。
詳細はhttps://medpass.co.jp/をご参照ください。

SHARE