2019年10月1日
シミックヘルスケア株式会社

「国際薬剤疫学会アジア会議」出展およびポスター展示のお知らせ

2019年10月11日(金)~13日(日)の3日間、京都府みやこめっせ (京都市勧業館) にて開催される「国際薬剤疫学会アジア会議」でブース出展およびポスター展示を行います。

ブース(ブース番号:8)では、電子お薬手帳“harmo(ハルモ)”が展開するサービスについてご紹介いたします。

会場にお越しの際にはぜひお立ち寄りください。皆さまのご参加を心よりお待ちしております。

 

出展のご案内

学会名 国際薬剤疫学会アジア会議
会期 2019年10月11日(金)~13日(日)
会場 みやこめっせ (京都市勧業館)
〒606-8343  京都市左京区岡崎成勝寺町9番地の1
アクセス
ブース 8
 

ポスター発表

当社研究員等によるポスター発表(ポスター#497)を行いました。

テーマ:匿名性を保ちつつ、電子お薬手帳の処方履歴データとアンケート機能を用いて患者像を明らかにし、服薬アドヒアランスの向上を行うパイロットスタディ(Phase1)

(ENG) Improving diabetes drug adherence using accurate information delivery to patients using drug dispensing history while securing patients' identity anonymity.

発表者 中村 鈴華(シミックヘルスケア株式会社)
共著者 石島 知(シミックヘルスケア株式会社)、五十嵐 中(東京大学)、
前田 サラン(シミックヘルスケア株式会社)
要約 ヘルスケア領域で、患者軸のビッグデータ活用が注目されるようになってきた。
CRM(Customer Relationship Management)の手法を服薬脱落分析に適用して患者像を明らかにし、その患者に合った施策を行うことによって、服薬アドヒアランスを向上させることができる可能性がある。
Phase1では、電子お薬手帳harmoの処方履歴データとアンケートデータを使用し、II型糖尿病経口薬を使用中の患者で服薬脱落を起こしやすい患者像を、CRM の退会分析の手法を用いて予測する。

SHARE