2019年12月11日
シミックホールディングス株式会社

Rare Disease Day (RDD)日本開催事務局主催
「こどもお絵かき大募集」をサポートします

シミックホールディングス株式会社は、Rare Disease Day(世界希少・難治性疾患の日、以下RDD)への新たな取り組みとしてRDD日本開催事務局が主催する「こどもお絵かき大募集」をサポートいたします。
「こどもお絵かき大募集」は、来年開催されるRDD2020の新企画であり、中学生以下のお子さまを対象に「○○と、いっしょに」をテーマとした絵を募集します。ご応募いただいた絵は、後日、シミックグループのホームページへの掲載を予定しております。

希少・難治性疾患とは、患者数が少なく、病気のメカニズムが複雑なことなどから、治療・創薬の研究が進まない疾患のことを指します。RDDは、より良い診断や治療による希少・難治性疾患の患者さんの生活の質(QOL)の向上を目指し、スウェーデンで2008年から始まった活動で、日本各地でも患者・家族と一般社会をつなぐ様々な企画が全国で展開されています。

シミックグループでは、2017年から社員を通じて多くの方々へ希少疾病治療薬への取り組みや希少・難治性疾患を知っていただく啓発活動を開始し、2019年にはその活動を浜松町ビルディングのテナント会社全体に広げてまいりました。

シミックグループは、RDD日本開催事務局と共に希少・難治性疾患をより多くの方に知っていただく活動を推進していきます。

SHARE