<開催中止>セミナー「mRNA創薬の最前線」のご案内

本セミナーにつきまして、新型コロナウイルスの影響拡大に伴い、参加者の皆様の安全と感染拡大の防止を考慮した結果、開催を中止させていただきます。
お申し込みをいただいておりました皆さまに、深くお詫びを申し上げます。
何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。


 

概要

近年、メッセンジャーRNA(mRNA)を医薬品として活用しようとする動きが世界的に広まっています。mRNAは、原理的にどのようなタンパク質でも産生することができるため、がんの個別化治療や感染症のワクチン、希少疾患では酵素補充療法の置き換え、さらには再生医療やゲノム編集治療への応用などを含め、広範な臨床応用が期待されています。本セミナーでは、mRNA医薬に関して日本の第一人者である東京医科歯科大学 生体材料工学研究所 教授 位髙啓史先生と、この分野で世界をリードするModerna社(アメリカ)およびBioNTech社(ドイツ)より、mRNA医薬の基礎と臨床応用の可能性についてご講演いただきます

皆さまのご参加を心よりお待ちしております。

セミナー概要

名称 mRNA創薬の最前線
プログラム ご講演1:mRNA医薬の現状と将来展望
演者:位髙 啓史先生(東京医科歯科大学 生体材料工学研究所 教授)

ご講演2:mRNA Therapy for Rare Genetic Diseases
演者:James D. Thompson 先生(CMC Therapeutic Area Lead, Moderna, Inc.)

ご講演3:Individualized Neoantigen-specific Therapy Against Cancer Using mRNA
演者:Christoph Kröner先生(Head of IVAC Mutanome Lead Structure, BioNTech RNA Pharmaceuticals GmbH)
日時 2020年2月27日(木)14:30-18:00 (受付開始 14:00)
会場 シミックグループ本社(東京都港区芝浦1-1-1 浜松町ビルディング 22F)
アクセス
対象 製薬企業やアカデミア等のご関係者様
※本セミナーは対象者様を限定しております。
上記以外の方々からのお申し込みは、対象外とさせていただきます。
予めご了承ください。
定員 100名
共催 シミックホールディングス株式会社、アキュルナ株式会社

※なお、上記プログラムは一部変更されることがあります。

お申し込み方法

PC:https://survey.cmicgroup.com/pc/enquete/cmic_seminar_20200227/

スマートフォン:https://survey.cmicgroup.com/sp/enquete/cmic_seminar_20200227/

本件に関するお問い合わせ

mRNA共催セミナー事務局
E-Mail:GmRNA_seminar@cmic.co.jp

SHARE