「第84回日本循環器学会学術集会」ランチョンセミナーのお知らせ

2020年3月12日(木)~3月15日(日)に京都府にて開催される「第84回日本循環器学会学術集会」へブース出展いたします。

シミックが世界で初めて開発し、腎疾患の新たなバイオマーカーとして注目されている尿中のL型脂肪酸結合蛋白(L-FABP)の測定を行う診断薬「レナプロ®L-FABPテスト」をご紹介いたします。
製品の詳細は、L-FABP情報サイトをご覧ください。

また、2020年3月13日(金) 13:00よりランチョンセミナー「内科系心臓集中治療室における急性腎障害:尿中L-FABP濃度測定の臨床的意義」を開催いたします。
皆さまのご参加を心よりお待ちしております。

出展のご案内

学会名 第84回日本循環器学会学術集会
会期 2020年3月12日(木)~3月15日(日)
会場 会場アクセス(国立京都国際会館、グランドプリンスホテル京都)
ブース番号 A-22(国立京都国際会館 イベントホール)


ランチョンセミナー概要

日時 2020年3月13日(金) 13:00~13:50
会場 国立京都国際会館 1階 Room D
演題 ランチョンセミナー12
「内科系心臓集中治療室における急性腎障害:尿中L-FABP濃度測定の臨床的意義」
座長 順天堂大学医学部臨床研究支援センター/
順天堂東京江東高齢者医療センター循環器内科 教授
宮内 克己 先生
演者 藤田医科大学医学部 臨床検査科 教授
石井 潤一 先生
共催 シミックホールディングス株式会社 / 積水メディカル株式会社

SHARE