ダイバーシティへの取組み

シミックグループは、「CMIC’S CREED 私たちの決意」の中で、「一度しかない人生を、年齢や性別、人種に関わらず、誰もがその人らしくまっとうしていくために、ヘルスケア分野に革新をもたらす」「まばゆい成長力を開花させる幼年でも、人生を成熟させる老年でも、今この瞬間を生きようとする願いはどれも等しく尊い」と示しています。

この考え方のもと、ダイバーシティを経営の重要課題として位置付け、あらゆる多様性を尊重することで豊かな発想や考え方をサポートしています。シミックグループにおけるダイバーシティとは、女性を中心とした人材戦略に限らず、多様性を享受しながら、異なる考え方や働き方をお互いに尊重し合い、より質の高い議論や結論を導き出すことにより、高いパフォーマンスを発揮する会社になることと位置づけています。人種・性別・障がいの有無にとどまらず、多様性のある人材を採用すること、ひとりひとりの違いを尊重し価値を見つけること、違いに係わらず平等に扱うことが、企業の成長に不可欠だと考え、ダイバーシティの推進に取組んでいます。


希少疾病用医薬品への取組み

シミックグループでは、「CMIC’s CREED」、私たちの決意「今この瞬間を生きようとする願いはどれも等しく尊い」の考え方のもと、希少疾患への取り組みを積極的に行っています。

各製薬企業における希少疾病疾患向け新薬の開発サポートのみならず、日本国内で未承認の薬剤をシミック自らが承認申請し販売という取り組みも行っています。
更に、他の製薬企業から希少疾病用医薬品を承継し販売を行うなど、希少疾患に対する取り組みを通じて、社会への貢献を行っております。

 

SHARE