データベース調査・研究

リアルワールドデータを用いたデータベース研究、データベース調査を支援します。

疫学、リアルワールドデータ(レセプト、DPC、電子カルテ)等の高い専門知識を性を持ったスタッフが データベース調査(研究)をフルサポートします。

 

シミックのデータベース調査(研究)の強み

  • 豊富な統計解析スタッフ
  • 外部の臨床統計専門家(現職研究者)及びメディカルドクターと連携したコンサルティング
  • 統計解析業務だけでなく、実施計画段階より臨床統計・疫学的な支援が実施可能となる体制を構築。研究デザイン、例数設計を含む統計コンサルティング
  • MID-NET及び商用DBを用いた集計解析/データマイニング
  • 主要な商用データベースベンダーとの連携
  • リサーチクエスチョンに対するDB選択、組み合わせ提案をいたします。
  • シミックグループの幅広い人材が業務をサポートします。

サービス内容

  • データベース調査(研究)実施計画書作成支援
  • データマネジメント業務
     データクリーニング
     データマイニング
  • 解析業務
     統計解析計画書の立案
     解析
     MID-NETデータセンター内での解析
  • メディカルライティング、論文作成
  • データベース選定
  • RWD各種コンサルティング
 

リアルワールドデータで実施可能な研究と提供業務

シミックがDB会社と連携しプロジェクト全体をリードします。

1. 疾患疫学

  • 適応疾患の有病、発生
  • 適応疾患患者の背景

2. 治療実態

  • 治療率(薬物、処置、手術、リハビリ)
  • 薬物治療状況
  • 治療場面(HPGP、診療課、入院/外来)

3. 安全性・適正使用

  • 1日用量遵守、禁忌遵守
  • 検査実施状況
  • イベント発生状況

4. 医療経済

  • 医療費
  • 受診回数、入院日数

提供業務

実施計画書作成

疫学相談

  • 事前準備(資料作成等)
  • 疫学相談同行

DB調査(統計業務)

  • 統計解析計画案の立案・実施
  • データベースを活用した解析業務

報告書作成

その他の活動状況

  • 東京大学大学院薬学系研究科が主催する「ITヘルスケア社会連携講座」へ参加。
    https://plaza.umin.ac.jp/ithc-utokyo/about
    2019年3月より、製薬企業3社とリアルワールドデータに関する共同研究を開始。
    テーマ「リアルワールドデータの探索的解析による疾患疫学と医療イノベーションの実現」 (リーダ:清水央子先生)
  • 自社にて「メディカル・データ・ビジョン」を用いたデータベース研究を計画中。
 

実績

  • 学会レジストリデータの登録から統計解析、報告書作成実施
    - 商用データベースの統計解析業務については計画書作成を含む対応実績がございます。
    - 対象領域は糖尿病や抗腫瘍薬などの医薬品および医療機器など幅広く対応いたします。

サービスに関するお問い合わせ

サービス内容についてのご質問やご相談などお気軽にお問い合わせください。

SHARE